news-04.jpg

Orgel by Saya (Tenniscoats), Out on 9th May 2016

 

NOW ON SALE

 Orgel2年ぶりの新作は主にテニスコーツで植野隆司とともに活動するさやの作品です。
 魅力的な曲を創り続けるテニスコーツの音楽には、さまざまな演奏者が自然に存在し、ハーモニーが豊かに溶け合います。
 さやがみつけた古いものを、場所から場所へ移す『しろいものや』活動展開中。
 「Kanata」はka na taの詩がインスピレーションになりつくられた曲で、Tenniscoats「さいはて Saihate」の原曲となりました。

*Photograph by Mai Narita

*Photograph by Mai Narita

 

Orgel by Ólafur Arnalds, Out on 15th Decmber 2014

     Young Icelandic composer Ólafur Arnalds last year released his third album with the splendidly entitled For Now I Am Winter. It is the first album on which he uses vocals for his muted compositions. Arnalds creates minimalistic and neoclassical music based on piano, electronica and strings whereby silence is just as significant.
     Arnalds’ music lends itself extraordinarily well to film and documentaries, and thus it stands to reason that he is also increasingly applying himself to film music such as the films Another Happy Day and The Hunger Games.
     The track ‘Ljósið’ was taken from his “Found Songs” series in which he recorded one song each day of the week. The video of this track found its way into the hearts of over 2,000,000 people now.

 この度orgelでは、Ólafur Arnalds(オーラヴル・アルナルズ)の作品を発表します。1987年生まれ、アイスランド出身のオーラヴル・アルナルズは、作曲家として二十代半ばながら、すでにシガーロス、坂本龍一のヨーロッパ公演をサポートする経験を持つなど、アイスランドはもとより世界中で注目を集めるポスト・クラシカルの最重要アーティストです。
 イギリスのErased Tapesから『Eulogy for Evolution』、『...And They Have Escaped the Weight of Darkness』のアルバム2作品をリリース後、1週間に渡りリビングルームで録音されたというパーソナルなプロジェクト『Living Room Songs』やNils Frahmとのコラボレーションを経て、昨年メジャーのMercury Classicsに移籍。歌ものへも意欲を見せ、これまでのポスト・クラシカルのタームから大きく飛躍したサードアルバム『for now i am winter』を発売し、高い評価を獲得しています。ドキュメンタリー映画『PressPausePlay』での特集、エレン・バーキン主演映画 『Another Happy Day』や舞踏家Wayne McGregorの舞台へ音楽を提供するなど、様々なシーンでも幅広く活躍。クラブミュージックへと大きな舵を取ったプロジェクトKiasmosも好評 と、クラシックをベースとしてポスト・ロックとエレクトロニカを融合させた儚くも優美な作品の数々は、今もその支持を広げています。
 本作品は2009年にオーラヴル・アルナルズが1日1曲を7日間に渡ってオンラインで公開した企画『Found Songs』収録の一曲『Ljósið』。水中に広がる色彩が印象的なMVと相俟ってYouTubeでの再生回数が200万回を超えるオーラブルの代表曲になります。